オンライン ヘルプ

管彩の主要な機能や基本的な操作をご確認いただけます。

5. 平面図名称作成

平面図に入力された管や器具などの情報の文字データを作成します。

[平面図名称作成ツール] をオンにして、表示されたダイアログで必要があれば設定内容を変更して[OK]ボタンを押します。

※作成される内容やフォーマットはマスターによって違います。

「この設定を初期値として保存する」にチェックを付けて[OK]ボタンを押すと、その時点での選択内容が次回のツール実行の初期値となり、普段は[OK]ボタンのみ押せばよいことになります。

配管の間隔が狭いところなどには、密集して名称文字が作成されることになりますので、適度に編集します。

編集は「2.3 一度入力した図形を編集する」をご参照ください。


  1. 起動
  2. 平面図の入力
  3. 給水配管
  4. 排水配管
  5. 平面図名称作成
  6. アイソメ図作成
  7. 縦断面図作成
  8. 流量計算表作成
  9. 積算書作成
  10. 印刷
  11. 管彩データの保存と読み込み

お気軽にお問い合わせください

ご質問・ご相談・お見積り、お気軽にお問い合わせください。リース販売も承ります。

お問合せ先